大阪の公立中高一貫校「咲くやこの花中学校」に合格するまでの経緯と、どんな受験対策をしてきたかご紹介します。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公立中高一貫校を目指す人へのお役立ち体験談

公立小学校では「中」くらいの成績でした。塾には行かず、母子で対策を立てて挑んだ受験。晴れて大阪の公立中高一貫校に合格するまでの経緯と、どんな受験対策をしてきたか、また、興味深い学校生活をご紹介します。 実際に通わせてみて感じることは、とても恵まれた環境で学び、入学して良かったと思える学校です。

咲くやこの花高校の生徒がお薦めする図書 11月

f:id:lococo2005:20161120222913j:plain

咲くやこの花高校・中学校では、「図書視聴覚部」から定期的にお便りが発行されています。

咲くやの生徒さんがどんな本を読んでいるのか気になりますよね。

高校生の図書委員さんがお薦めの本をコメント付きで紹介されているのでまとめます。

発行されるたびに毎回思うのですが、生徒のみなさん、ジャンルに偏りなく、さすがにたくさん本を読まれているんだな、ということと、大人が読むような本も読まれていることにすっかり感心するばかりです。

たくさん本を読むことは、必ず読解力につながるので、ぜひ、お子さんにも勧めてあげてください。

 

咲くやの図書委員がお薦めする6冊はこれ!

 

その時までサヨナラ

【著】山田 悠介

【紹介文】ホラーの鬼才、山田 悠介が描く家族の愛と絆のミステリー。物語も好きですが、本の表紙に惹かれたのが読んだきっかけでした。

 

海賊と呼ばれた男

【著】百田尚樹

【紹介文】戦後で日本人が希望を失っている中、石油販売を営む男、国岡鐵造が立ち上がる。戦後の石油が無い中、どうやって商品を調達したのか、なぜ海賊と呼ばれたのか。12月には映画化もされます。

 

何者

【著】朝井 リョウ

【紹介文】朝井 リョウによって書かれた作品。5人の就活生が登場しますが、物語は主人公・拓人の一人称によって語られています。映画も併せてご覧ください。

朝井リョウさんは、「桐島、部活やめるってよ」の著者でもありますね。

 

カラフル

【著】森 絵都

【紹介文】死んでしまった「ぼく」が天使の気まぐれで人生をやり直し、自分の罪について考える話。まるで人生に「色」がついたような気持ちになります。とても読みやすい文章なので是非!

 

ボクの妻と結婚してください。

【著】樋口 卓治

【紹介文】余命6か月を宣告された放送作家の修治。死を前に思うのは最愛の家族のこと。みんなを笑顔にしたくて22年間バラエティ番組を作ってきた。妻と息子にも笑顔でいてほしいとついた「優しい嘘」とは?映画Coming Soon!

 

チョコレート工場の秘密

【著】ロアルド・ダール

【紹介文】チョコレート工場がある大きな町で、貧乏な暮らしをしている少年チャーリーとその一家。工場主ウィリー・ウォンカがチケットを当てた5人の少年少女を工場見学に招待する。そこはウォンカが作り上げた奇想天外な世界だった。

 

以上、6冊をご紹介しました。

百田尚樹や、ボクの妻と結婚してください。など、大人が読もうかなと思うような本もありますね。

いろんな本をたくさん読むのはいいのですが、どんどん本棚を占領されて収納に困りますよね。処分するのも大変ですし。

そこで、AmazonのKindleを買おうかと検討中です。これなら、何万冊の本も1つのタブレット端末で読むことができますし、本棚の場所を取らずに済みますし、処分の必要もありません。

iPadなどのタブレット端末でも読めないことはないのですが、読書用の端末ではないので、長時間活字を読むと疲れてきます。Kindleは一般のタブレット端末のようにツヤツヤ光らず、紙に近い質感です。読書に特化した端末なので目が疲れることなく読書を続けられます。充電も1か月ほどもつようです。

時々、Amazonで数千円OFFの値引きセールをしていることがあるので、そのタイミングを狙って購入しようかなと考えています。冬休みも近いので、子供の読書タイムも確保しやすいので。

もうひとつ良い点があります。辞書機能がついているので、意味の分からない単語が出てきてもその場で操作すればすぐに辞書機能で意味が表示され、集中を切らすことなく読書に集中できます。また、拡大もできるので文字が見づらいときも指先で拡大表示することができるんです。

定額制の読み放題サービスもあり、月額980円で読み放題になります。すごいですね、Amazon

Kidleにはランクがあり、それによってお値段も変わります。解像度の違いや、ページめくりのボタンのありなし、ページめくりの反応の速さや、バックライト機能があるかないか、端末の保存容量にも差があります。

もっとも上位ランクは Kindle Oasis ↓

次が Kindle Voyage ↓

その次は、最近発売された Kindle Paperwhite マンガモデル ↓

端末で漫画を読むと画像だけにかなり容量が必要になりますが、それにも対応した32GのKindleです。かなり人気のようで、買うならこれかなと思っています。子供に読ませたい本の中で、マンガもあります。歴史ものや伝記などはマンガで読んで関心を引く、というのも一つだと思っています。

Kindle Paperwhite ↓

Kindle ↓
Kindleは、セールで4000円引きのときに買えば4000円台で手に入ります。

Kindleには、キャンペーン情報付き、なし、の差があります。キャンペーン情報というのは、広告表示のようなものです。読書中は出ないのですが、本の一覧を出しているときや、ロック画面で広告が出ます。広告ありなら2000円ほど安くなります。

広告ありにすると、よろしくないマンガの広告がでることもあるらしいのと、ロック画面から読書に戻る際に、毎回タップして表示を消す動作が必要になるため、2000円高くなってもキャンペーン情報なし、のほうが良いと思います。

購入を検討されている方は、4000円の割引を受けるためにも、Amazon プライムの1か月無料入会をしてから購入するのがベストです。Amazonプライムは、映画が無料で見れたり、日用品などを注文して翌日に届いたり、通販の送料がかからないなどの便利なサービスです。プライム会員であればシーズン関係なく常にKindleが4000円引きになるので(2016年11月現在)、まずは入会してから購入してください。プライム会員は1か月で止めることもできるので、Kindle購入後、不要であれば退会できます。我が家はAmazonプライムを活用して映画を見たり音楽を無料で聞いたり、通販の送料無料など、かなり便利で助かっています。